エネファーム街区

エネルギーを自給自足する、「エコなまち」がホームタウン木津の庄に誕生。

東日本大震災後、節電の流れを受けて自家発電できる住まいに人気が急増中。
「ホームタウン木津の庄」では、日本海ガスとコラボレーションし、一街区全16区画に自宅で発電できる家庭用燃料電池「エネファーム」を導入します。
わが家で使う電気をわが家でつくる、環境にやさしいエコなまちが進行中です。

エネルギーを自給自足する、「エコなまち」がホームタウン木津の庄に誕生。

ホームタウン木津の庄[エネファーム街区]のここがおトク!

  • 木津の庄の土地を100万円安く購入できます!
  • 補助金が申請でき、エネファームが安く購入できます!
  • ダブル発電なら、さらにランニングコストを削減できます!
  • CO2排出量削減、節電など環境に貢献できます!

※エネファーム街区の入居条件についてはお問い合わせください。


価格表

区画面積(㎡)面積(坪)坪単価(円) 土地価格(円) 負担金合計(円) 販売価格(円)
木津2398 199.50 60.34 160,000 9,654,400 512,810 10,167,210
木津2406-1 200.00 60.50 160,000 9,680,000 513,000 10,193,000

家庭用燃料電池 ENE・FAME エネファーム

ガスから電気をつくる「エネファーム」ってなあに?

家庭用燃料電池「エネファーム」とは、ガスで電気とお湯を一緒につくる先進的なエネルギーシステムです。
ガスから取り出した水素と空気中の酸素との化学反応で発電し、おうちの照明や家電製品に使います。
同時に、発電時に生まれた熱を有効に使って、おうちの給湯や床暖房などに活用します。
一般的に、発電所から家庭への送電時にはエネルギーロスが生じます。
しかし、「つかう場所で電気をつくる」エネファームなら、電気をつくる場所とつかう場所が同じだから送電ロスがありません。
さらに、これまで利用が難しかった発電時の排熱も有効利用できます。
従来のエネルギーと比較すると約27%の一次エネルギー消費量と約45%のCO2排出量を削減できます。
普段通りの生活で環境に配慮できるのがエネファームの魅力です。


温水 空気 電気 暖房 給湯 燃料電池ユニット 水 水素 空気 排熱 直流電気 ガス
燃料処理装置
ガスから水素を取り出す
燃料電池スタック
水素と空気中の酸素を化学反応させ、電気を発生させる
インバータ
発電された直流電気を家庭用の交流に変換
熱回収装置
発電時に発生した熱を回収し、約60℃のお湯をつくる
貯湯タンク
つくったお湯を貯めておく
バックアップ熱源機
お湯が不足した時の給湯や、追い焚き・暖房に使用


家庭用燃料電池 ENE・FAME エネファーム 太陽光発電 SOLAR発電

ダブル発電
電気を育てることで、わが家のエコ意識も育つ。
さらに、いま注目なのが、太陽光発電とエネファームを組み合わせた「ダブル発電」。
太陽が出ている時間帯に電気をつくりだすのが太陽光発電ですが、
エネファームは天候に左右されず、安定して電気とお湯をつくることができます。
導入には、国から最大70万円が交付されるなど補助金制度も充実しているので安心です。


日本海ガス 「エネファーム」「ダブル発電」の詳しい内容はこちらをご覧ください。